のんびりおたくの記録

2015.11〜髙橋優斗くん応援隊始めました。現在は優斗くんを中心に中高生界隈まるっと。その他の現場記録もあります。のんびり気ままに更新中。

青空の春のある日のこと〜青春の1ページ〜

4.16 ジャニーズ大運動会

 

雲ひとつない青空の春のある日。

 人生初の東京ドーム。

 

f:id:yuu15ka:20170425075922j:image



ジャニーズ大運動会行ってきました!

 

本当に楽しすぎる6時間半で今までの現場で1番楽しかったのでは?と思うくらい良い思い出になりましたo(*^▽^*)o

 

それに加え、セクゾとえび以外のデビュー組を見たのも初めてだったのでとても新鮮な気持ちがしました。どの曲もペンライトを振るのが本当に楽しくていまだに夢だったのではと錯覚するくらいです。

 

 

では、全体的な話はこのくらいに。

 

ここからが本題。

自担(=髙橋優斗くん)の話。

 

本当に大活躍しすぎてびっくり(笑)

いつもの最年長なのにイジられているおちゃらけ優斗くんはどこに行ったの???というくらいに。

 

野球の実力は、去年のファインプレー賞で十分すぎるほど知っていたけれど、実際目の前で彼の野球姿を見ると、らじらーで安井くんが言っていたように男を感じました。

普段からのギャップが大きいというのも理由の一つだと思われますが(笑)

 

ピッチャー那須雄登くん。キャッチャー髙橋優斗くん。この入所2年未満のフレッシュコンビが東京ドームでバッテリー。すごいことですよね。

 

2012年の期待の新星岩橋玄樹くん現る並に 笑

 

開演前のウォーミングアップを見ていた段階で、まさかとは思いましたがそのまさかでした 笑

 

でもフレッシュ且つ現役DKだからこその青春物語が東京ドームのど真ん中で繰り広げられていたように思えました。 

 

なかなか調子が上がらなかった那須くん。

そんな彼を「俺が全部取ってやる!!」というように大きく手を広げてリードする優斗くん。何度も那須くんに駆け寄り、声をかける。

 

そんな優斗くんの頼れるリードが解説席の方にも絶賛されていて、なぜか私まで嬉しくて、まるで自分の弟が褒められているかのような気持ちになっていました(笑)

 

 

スポーツ見てると思うんですよね。

男の子っていいな。って(笑)

さらに、あんな爽やかなDK2人の青春を目の当たりにしたら余計に感じずにはいられなくて。

 

結果的に1点差で負けてしまったけれど、最終回の追い上げもすごすぎました。Wゆうとのヒットが点数にも繋がって(*´∇`*)

 

Wゆうとの堂々としたピッチングとリード、バッティングに100点満点です💮

 

 

そして優斗くん。敢闘賞おめでとう!!!!

野球姿のキミは誰よりも輝いていたよ♡

 

 

 

 

やっぱり野球話が長くなってしまいましたが、選抜リレーも忘れてはいけません!!!

 

Wゆうとはリレー選抜にも!!!!

優斗くん、らじらーで前に「足速くない」って言ってたから50m走あまり期待していなかったのに(ごめんね 笑)1位取っててビックリしました(笑)陸上ユニフォーム姿まで見れるなんて幸せです♡(私はこう見えて元陸上部)

 

ざーっと文脈めちゃくちゃになっていますが、思ったことを書いてみました。

 

要約するとつまり、

 

髙橋優斗くん大活躍の日

 

だったということです。

 

デビュー組担さんにも名前と顔覚えていただきたいなぁ。oO

 

全出演者のみなさん!!本当にお疲れ様でした!!!とても楽しい時間を過ごすことができました!!

ありがとうございました!!!

 

 

青空のとある春の日。

たしかに青春がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さいたまにジャニーズJr.がやってきた!

4月9日 ジャニーズJr.祭り追加公演。

 

思い返せば2014年の夏。

いつも横アリでコンサートをしているSexy Zoneさいたまスーパーアリーナにやってきた。北関東の田舎に住む私にとって横浜と埼玉といったらプチ旅行と近くにおでかけするくらいの差がある。(横アリは正直遠い。往復6時間以上)

だから埼玉に来ることが本当に嬉しかった。

 

しかし高3の私は大学受験で現場を封印していたので行けなかった。

 

また埼玉に来てくれないかな、、、そう思い続けて早2年半。毎日電車に揺られながら窓の外のたまアリを見つめていた。

 

そしていきなり決まったジャニーズJr.祭りの追加公演。さいたまスーパーアリーナ、、、夢かと思いました。

 

あの場所に自担が立つ。ジャニーズJr.が来る。

 

正直、横アリより広いので席によっては全然見えないのでは?と思いましたが、会いたいという欲には勝てませんね(笑)

 

しかし初日はトラブルによって大混乱。本当にこれで大丈夫なのか、、、座席券が発券されるまで不安でしかたありませんでした。(こんなに現場の前日に不安が楽しみを上回るのは初めてです)

 

結果的に2日目は混乱なく発券され、思っていた以上に良い席にも恵まれ、最高の時間を過ごすことができました。

 

何より優斗くんの「美人!美人!美人!一人飛ばしてまーっきの!」が印象的ですね(笑)

あれを見れただけで心が満たされました(^O^)

 

そして何よりジャニーズJr.祭りを通して、東京B少年が推されてる感がありましたね。歓声も凄まじくて。けれどまだまだフレッシュなグループ。これからの成長が楽しみですo(*^▽^*)o

 

そしてHiHi Jet!

やっぱり大好きですね。

見るたびに成長していて、毎回わくわくした気持ちで4人を見てます(*´∇`*)

私にとってはいつでもどのグループよりも1番輝いて見えます。(自担に甘いおたくです)

 

でもこの4人もまだまだ成長途中であることに間違いないはず。これからもずっと親目線で見守っていきたいと思います(´∀`*)

 

 最後に、

ジャニーズJr.祭り。横アリもたまアリも本当に楽しかったです。

 

終わってしまったことに対する寂しさもありますが、

 

今日から窓の外のたまアリが、心なしか色づいて見えるような気がします。

 

幸せな時間をありがとう。

 

そしてHiHi Jetと東京B少年。祭り全10公演お疲れ様でした。

 

私の祭りもこれで終わり。(完)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春は祭りの季節

3月25日 

ジャニーズJr.祭りに参戦してきました!

 

実は自分は全滅してたのですが、ありがたい事にお声掛けいただいて入ることができました(;>_<;)

 

そして何より島で見事にいない公演に入った私にとってサマステぶりの優斗くん。

 

本当にかっこ良すぎました♡♡

20代の私がDKに年下にかっこいい〜と沸くのもあれなのですが(笑)

 

もちろん可愛い要素も満載でしたが、何よりサマステぶりでしたので、踊りも上手くなり、加えてローラースケートの技術面の上達も著しく、それらの点からも彼はかっこいいなと感じました(^O^)

 

まるで弟の成長を見守る姉のような気持ちです(笑)

こんな弟が欲しかった!!!

 

さらに!今回の最注目株!!

 

那須雄登くん!!!

 

みなさんあの「BYAKUYA...」に堕ちたはず。

私も堕ちました。。。

あの子は本当に当時中学生だったんですか???と疑問を投げかけたいくらいです。

 

プチ発表といえば、HiHi Jet+東京B少年が《HiHi B少年》になりましたね。

あの子達の勢いは凄まじい…というより東京B少年の推され具合が個人的にすごいなって思います。まだまだ歴が浅い上に平均年齢も14.8歳とフレッシュさ満載のグループですが、時折見せる大人びた表情やダンスに魅力を感じる人も多いはず。

 

HiHi Jetもそれに負けないで!!!って思ったり(笑)

あ、負けてるとは全く思ってないです!!むしろHiHi Jetは4人それぞれの個性が引き立っていてバランスの取れたグループですから(*´∇`*)

 

でもこうしてお互いが切磋琢磨し合える関係性は大切だと思うので、相乗効果で2グループとも更なる高みを目指して欲しいですね。

 

 

最後に、、

Jr.だけでアリーナクラスの会場はフレジュ魂以来約4年ぶり。そう毎年できるようなことではないはずです。ですがあの会場をいっぱいにし、私達ファンを幸せへと導いてくれる彼らは、まだ世間的には知名度が低いとはいえ、

 

キラキラ輝くスーパーアイドル

 

だなって感じました。

 

そもそもアイドルという存在って素晴らしいと思うんです。

なぜならステージに立つことで誰かを幸せにすることができるから。

 

私にとって1番の幸せは優斗くんの笑顔とダンスを見ることであり、それらは私の心を満たしてくれます。

そんな存在に優斗くんがなってくれたこと。自分の人生と交わってくれたこと。

 

もし彼に直接言えるのであれば、

 

ありがとう

 

と伝えたい。そう思った1日でした。

 

 

追加公演がさいたまスーパーアリーナで決まりましたね。

さぁ、ここではどんな物語が待っているのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A.B.C-Z の素晴らしさ。

2月5日。A.B.C-Zデビュー5周年イベントに行ってきました(*^^*)   

 

私が今回このイベントに参加して率直な感想としては、やはりファンの年齢層が幅広いからかマナーが他の現場(どことは言いません 笑 )に比べて断然良かったというのが一番です。

 

加えて、私が並んでる周りの方々は誰一人として長時間並んでることに対して文句を言っていませんでした。(それが当たり前のことだと思いますが、そうではない現場もありましたから)

 

今回のイベントは、CDを購入すれば誰でも行けてしまうものでしたから、実際えび担さんではなくても行くことができてしまうので、最初は正直マナーがとても心配でした。

 

けれど、やはり生粋のえび担さんの素晴らしい人が多いから、全体も良かったのかなって思います。

 

では、どうしてえび担さんはこんなに素晴らしいのか。

 

それはもちろんA.B.C-Zというグループが素晴らしいから

この一言に尽きると思います。

 

A.B.C-Zは、最初のトークでも5周年を迎えられたこと、長時間並んでいることに対するファンへの感謝の言葉から始まりました。

 

そしてハイタッチの時もほんの一瞬の時間にも関わらず、メンバー全員とも一人一人と目を合わせ、笑顔で対応してくださいました。

 

下積み時代が長かった分、デビューするということがどれだけ大変なことなのかを一番知っているグループなのだと思います。それが彼らの神対応に表れていました。

 

だからこそ、A.B.C-ZというグループはファンからもJr.からも愛されるグループなのだと。

 

それと同時に、岩橋くんがよく憧れの先輩にA.B.C-Zを挙げ、こう言っていたのを思い出しました。

 

A.B.C-Zの背中を見て育ったんです!」

 

本当にその通りだと思います。ほんのわずかな瞬間でもそれが読み取れた気がしました。

 

 

今回、この現場に軽い気持ちで来た人もいたかもしれません。けれど、このイベントを通じて他の現場でのマナーも良くなったら嬉しいですね。

 

 

最後に、、、 

デビュー日である2月1日にツアーが発表されましたね!今回のツアーの某開催場所は私事ですが、大学の入学式の会場だったところなんです。なので何か運命を感じてます 笑

当たりますように☆

 

 

これからもずーーっとA.B.C-Zを応援し続けます。10年20年とこの先もファンにもJr.にも愛される存在でいてください。

 

幸せな時間をありがとうございました!!

 

 

 

 

 

 

優斗くん不在の島が教えてくれたこと。

1月13日 18:00。

この公演は私に重要な決断をさせた公演でもある。

 しかし、その前に私がJr.にハマったきっかけを話しておくことにします。

 今から約4年前、Sexy Zoneのバックで踊る一人の子に目を奪われた。それが岩橋玄樹くんである。まだあどけなさの残る笑顔に惹かれたのだ。その後、引っ込み事案で大人しいけれど、人一倍努力家だと知った。そんな彼を心の底から応援したいと思った。私はこの時、岩橋くんの担当になったのです。

 

それから彼のことをさらに知っていくうちにますます好きになった。初めて彼を見たJohnny's 2020 Worldは今でも昨日のことのように思い出せる。彼以上に好きになる人は絶対にいない。そう思っていた。

 

けれど、そんな私に転機が訪れたのです。 

2015年11月。彼が出ている「ガムシャラ!」にこの日は初めて見る子がいた。それは紛れもなく

 髙橋優斗くんでした

その前から名前は知っていたけれど、きちんと見たのはこの日が初めて。この時 、私が岩橋くんを知ったあの日と同じ感情が芽生えたのです。

 

それからの優斗くんの活躍は華々しく、ジャニワではClassmate Jとして、さらには入所1年足らずでらじらーに大抜擢、野球大会ではファインプレー賞、クリエ、サマステ、ドラマ、ドリボ、少年たち……そして現在のアイランド。

 

そんな優斗くんの活躍をあの日からずっと見守り続けてきた私は、次第に応援から担当になり岩橋くんと掛け持ちをするようになりました。そして、いつしか岩橋くんではなく優斗くんでいっぱいになっていたのです。

 

今思うと、サマステでもう答えは出ていたのかもしれません。Princeの公演に入っても目で追うのはその後ろにいる優斗くん。公演後に最初に思い出すのは優斗くんの笑顔。

 

けれど、変な意地を張っていた私。4年以上好きだった岩橋くんを降りるなんてできなかった。

だから約半年、岩橋くんに対するこの曖昧な気持ちに蓋をしてきたのです。

 

しかし、その蓋をついに開ける時が来てしまいました。

 

私にとって最初で最後の島。

 

そこに優斗くんの姿はありませんでした。

 

アイランドは本当に素晴らしい舞台。感動を与えてくれた舞台。これぞジャニーズというような舞台。楽しい時間でした。

 

しかし公演後、私の中にぽっかりと開いた穴は埋まりませんでした。それは岩橋くんを見ても埋まらない穴。

優斗くんが舞台で輝く姿を見なければ埋まらない穴だったのです。

その時、今まで見て見ぬふりをしてきた事実にもう嘘はつけないと実感しました。私の中の優斗くんの存在の大きさがどれほど大きいものなのかということに。

 
そして私は決断しました。

 

岩橋くん。今まで私にたくさんの元気と笑顔を届けてくれてありがとう。これからも岩橋くんの活躍は影ながら見守りたいと思います。

 

優斗くん不在の島は、きっとこの曖昧な気持ちに終止符を打つための神様からの私に対する試練だったのかもしれません。

 

もうその試練を乗り越えた私は、自分の気持ちに嘘をつかずに応援できる気がします。

 

優斗くんが大好きです。