夢の続きが知りたくて~輝く未来に向かって~

2015.11〜髙橋優斗くんの応援始めました。現在は優斗くんを中心に中高生界隈まるっと。その他の現場記録もあります。のんびり気ままに更新中。

神無月の願い事。


f:id:yuu15ka:20171004214334j:image

キントレ、ユメアイの怒涛の3ヶ月が終わり、10月を迎えた。

 

そう。今が日常であり現実だ。

 

キントレという夏の思い出に浸りながら8月が終わり、ユメアイの"夢"から覚めたくないと思いながら9月が終わった。

 

月日は私達の感情を汲み取ってくれる訳もなく儚く過ぎていく。

 

 

何か1つの現場が終わる度に思うこの複雑な感情。

次があると誰かは言う。

確かにあるかもしれない。けれど、過ぎた出来事と全く同じものを味わえる事は2度とない。

 

 

そう思うと1回1回が夢の時間。

私の気持ちとしては

『夢と知りせば覚めざらましを』

といった感じだろうか。

 

 

そのくらいユメアイは私にとってかけがえのないものであり、覚めてほしくない″夢″であった。

 

それは紛れもなく私の自担 髙橋優斗のせいだ。

 

私が彼を初めて見たのは2015-2016のジャニワ。あの時《Classmate J》と発表された事は今でも鮮明に覚えている。その時の率直な感想が「クラスメイト……?!!何だその名前?!!!」であったことももちろん(笑)

 

 

まだ入所1年未満の彼。

 

″あどけなさが残る色白の整った顔の男の子″

 

が先輩達の後ろで頑張っていた。

 

 

 

あれから約1年半

 

私はその時以来に帝国劇場に立つ彼を生で見た。

 

そこには

 

 

″帝国劇場の0番に1人で立つ彼″ がいた。

 

 

それは一言で表すなら感動以外の何ものでもない。

 

 

あの時と変わらない整った顔

同じはずなのに

 

彼が舞台上から見る景色も私が客席から見る景色も変わっていた。

 

 

本当に心の底から嬉しかった。

 

 彼が様々な経験からたくさんの事を吸収し、こんなにも成長していたという事実に。

 

まるで我が子の成長を見守る母親のような気持ちだ。

 

 

彼の夢語りは一生忘れることはないだろう。

 

 

″最後に笑って終われるような、そんな生き方をするんだ!HiHi Jet4人で!世の中の人、全ての人がスターだと認めてくれるようなそんな存在になる!!それが俺の夢。YOU&ME″

 

 

何事にも全力で取り組む姿はコンサートでも十分わかっていた。

 

けれど舞台は演技をし、観ている人をその世界に引き込まなければならない。

 

私は彼の台詞に、そして彼の世界に引き込まれ、気づいたときには涙していた

 

 

《HiHi Jetがスターになる″夢″》

 

これは彼だけの″夢″ではないはず。

メンバー全員の″夢″であり、私達ファンにとっての″夢″でもあると。

 

『HiHi Jetを応援する全ての人が、彼らの″夢″を後押しできる存在でありたい。』

 

と、私はユメアイを通して改めて思ったのである。

 

 

素晴らしい時間をありがとう。

この″夢″の出来事はずっと私の心に焼き付いて離れないだろう。


f:id:yuu15ka:20171004213849j:image

 

 

 

今は10月。別名、神無月。

全国の神様は出雲に帰り1年の事を話合うという。

 

どうかこの先の1年も優斗くんにとってHiHi JetにとってそしてジャニーズJr.にとって実りある1年となりますように。

 

 わたしは神様不在の地から願うのです。


f:id:yuu15ka:20171004195946j:image