夢の続きが知りたくて

一人のおたくが思ったことを記す場所。応援している子達がずっと笑顔でいられますように!

元担がデビューする話。

2018年1月17日。

その時は突然訪れた。

 

【King&Prince CDデビュー決定】

 

やはり本当に重要な発表はいつもいきなりなのですね。

初めてJr.時代から知っている子達のデビューの時に立ち会ったのでこの感覚を初めて味わいました。

 

そこで思ったこと。

あれ、私があの子を降りたのはちょうど1年前では??

ジャニアイ後、数日間考えた末、降りると決めブログを記したのが2017年の1月17日………なんという偶然。

※私の最初の記事である担降りブログ参照。

yuu15ka.hatenablog.com

 

ここでお分かりのように、私は元々岩橋玄樹くんの担当をしていました。

 

降りてからもJr.祭りや帝国劇場、EXシアターで自担と一緒になることも多くずっと彼をPrinceを見守り続け、そして単独の湾岸もご縁があり行かせていただきました。

 

元担なのに…と思われるかもしれませんが、やはり彼を無くして私のジャニヲタの歴史は語れないと言ってよい程大切な存在であったことは確かです。

デビューと聞き、ふと彼の担当をしていた時代を懐古してしまいました。そして、この思いをどこかに留めておきたい。そう思い、記事を書くことに決めました。

 

リンクの記事で岩橋くんを好きになった経緯等は述べているのでそちらをご覧ください。

 

では本題へ。

 

岩橋くんと同期にはSexy Zone佐藤勝利くんがいます。同い年の彼にとってきっと勝利くんのデビューはとても悔しかったと思います。むしろ悔しくないことの方があり得ないはずです。

 

確かにあの頃の彼は、今でこそ"じぐいわ"ですが、まだその神宮寺くんや岸くんそして中村嶺亜くんなどのバックにいるような存在で、決して前に推されていたわけではありません。(正直当時は恋人にしたいJr.1位になるなんて想像もしていなかった) 

 

しかしその後、初代セクボ(神宮寺くん・中村くん・倉本郁くん・羽生田挙武くん)と、岸くん・高橋颯くんそして岩橋くんの3人、通称C3の合わせて7人の括り(=神7)が多くなりました。

当時からダンスが上手な岸くんと高橋くん。彼らの存在無くして今の岩橋くんはいないと思います。このC3での成長は担当していた当時の私にも良く分かりました。

 

そして彼の転機とも言える出来事。

 

「幽かな彼女」への出演

 

あれは担当として本当に嬉しかった。自担の活躍をジャニーズ以外でのお仕事で見れるなんて思ってもいませんでしたから。

何より、神7の括りでは同じでしたが特別仲が良いわけではなかった神宮寺くんとの共演が彼の運命を変えはずです。

(引っ込み思案とチャラ男の共演、その当時は大丈夫かな?と思ってましたね)

 

この時から"じぐいわ"が推されるようになり、少クラでも二人だけ衣装が違ったり、神7の中に少しずつですが差が生じたのも事実です。(当時岸くんはSHOCKに出演していたのでいないこともありました。終了後はじぐいわと同じように推される側)

 

ここまで述べてきたように私は神7が大好きでした。

それは今でも変わりせん。

今のようにJr.だけの現場だって多くない、それでも彼らの成長を少クラやセクゾのバックなどで実感し、それを見るのが大好きでした。(きっと昔から中高生に弱いらしい)

 

ですが、神7も今となってはPrince以外に残っているのは中村嶺亜くんだけ。

ジャニーズJr.というデビューがいつできるのか分からない環境に耐えるのはある意味難しいのかもしれません。

 

今ではグループに所属している組は、ある程度決まって帝国劇場やクリエ、夏のEXシアター、更に昨年はJr.祭りや湾岸などお仕事がある状態ですが。 

 

無所組はどこのバックに付くのかも読めない状況。加えて言えば本人達も不安定な状況なのではないでしょうか。だからこそ、辞めることを選択し、新たな道を歩み出す子が増えているんだと思います。

 

更に言えることは、歴とデビューが比例していないこと。

 

これは何とも言えないですよね…。。。

(デビューに限らずJr.のグループでも言える話。現に自担が良い例)

 

ジャニーズ事務所に入って頑張っていない人なんていないから、みんなが平等に恵まれてほしい。そんなこと言っても叶うはずもないのは分かっているのに思ってしまう今日この頃。

 

それでも自担を贔屓して見てしまうのがヲタクの性…結局私は髙橋優斗くんが可愛くてしかたない。

 

 

 

しかしそんな中で飽和状態とも言われていたジャニーズJr.に突如舞い込んだデビュー発表。

これがJr.全体の追い風となれば良いのだが…

 

第1弾アーティスト……ってことは第2弾もあるってことですよね?

 

今回のデビュー、世間の声は賛否両論。

それをどう覆せるのか、それがデビュー後に求められる課題ではないだろうか。

 

デビューはゴールではなく始まりだから。

 

 

ここまで長々と書いてきましたが、私が大好きだった神7を懐古したことで気づいたことはデビューする子、無所で頑張る子、退所した子、様々な運命を辿る彼らを通してだからこそ見えるJr.の世界の大変さと厳しさ、そして現実です。

 

この先自担もどうなるか分からない。現にClassmate Jやそして何より…

 

なにわ皇子とKinKanがそうだったように。

 

グループがあったっていつ無くなるか分からない。いつメンバーが変わるのかも分からない。

 

不安定な世界に生きる彼らをそれでも応援したいと思うのもまた一つジャニヲタ……いやJr.担の性なのかもしれません。

 

 

私もそんなヲタクの一人。

優斗くんも彼らを追って絶対デビューしよう。 

 

あなたの頑張りを見てくれている人は必ずいるから。 

 

 ″最後に笑って終われるような、そんな生き方をするんだ!HiHi Jet4人で!世の中の人、全ての人がスターだと認めてくれるようなそんな存在になる!!それが俺の夢。YOU&ME″

 

引用元は私の過去記事より↓ 

yuu15ka.hatenablog.com

 

 

 

今の私は、髙橋優斗くんとHiHi Jetの行く末を見守るばかりである。

 

 

 

髙橋優斗くんを応援し始めて今日で797日。

(担降りブログにある通りしばらくは岩橋くんと優斗くんの掛け持ちでした)

 

 

798日目からも頑張ります☆

 

 

彼らの夢が叶うその時を信じて。

 

 

 

 

 

追記:ずっと夢であったデビューを元担がすることになったこと、それは嬉しいことだと最後に述べておきます。おめでとう。玄樹くん。

 

それでも2015年夏のC3復活は、一生忘れることのない思い出として深く胸に刻まれ続けていくことに変わりありません。